勃起不全を改善する薬として世界中で有名なバイアグラ。日本でも愛用してる方は数多くいますが、服用方法や併用してはいけない薬などはご存知ですか?間違った使い方をすると本来の効果が出なかったり、死亡例などもあります。

勃起不全を改善する薬 バイアグラ

バイアグラの配合成分とジェネリック品の有効性

ED治療薬の代表格であるバイアグラには有効成分としてシルデナフィルクエン酸塩を配合しています。この成分の働きはPDE5という酵素の働きを弱めるものであり、PDE5というのは海綿体の血管を収縮させる働きがあります。本来ならcGMPという血管を拡張させる成分が十分に分泌されて勃起をし易い状態になるのですが、加齢やメンタル的な要素によってcGPMの分泌量が少なくなると、海綿体への血流が悪くなってしまい、それによって勃起をし難い状態になるのです。しかしバイアグラに含まれるシルデナフィルクエン酸塩の働きにより、血管を収縮させるPDE5を抑えることができますので勃起をし易い状態にさせられます。
勃起不全に悩む男性にとって有意義な治療薬であるバイアグラですが、病院で処方を受ける場合ですと価格が高いという短所があります。たった1錠でそこそこの価格がしますので気軽に利用できる薬ではないかもしれません。
しかしバイアグラにはジェネリック品もあります。ジェネリック品は主要成分は同じであるものの、価格が安くなっているのが特徴です。バイアグラと比較すると幾らか安く購入することができますのでジェネリック品の方が利用し易い存在と言えるでしょう。
主要成分は同じですので効果に期待することができますが、ただ添加物に関しては異なる点があるということを理解しておいた方が良いと言えます。添加物が違っていることによって作用時間が違ったり、副作用にも違いが見られることもあります。ですからバイアグラと全く同じという訳でもありませんので、その点を知ったした上で利用しなければいけません。また、ジェネリック品も当然医薬品ですので医師に相談をしてから活用した方が良いでしょう。